こんな時 こんな英語

Excuse me 状況によって使い方が違います。

  • LINEで送る

こんにちは!

動画投稿初回。 重-----い腰をようやく上げて撮影しました。

編集も不慣れで「ド素人感丸出し」でスミマセン。  これも英語同様にとにかくインプットとアウトプットを繰り返して、実践して上手くなり、他の上手な人のマネをしてみなさんにとって、観やすく、理解しやすいシリーズにしていけたらいいなと思います。

 

さーて、初めてのフレーズはこちら。

多くの人が知っているExcuse meって「失礼します」だけ?

英語の超初心者さんでも、Excuse meは聞いてわかるのではないでしょうか?

日本語だと 失礼します。 や すみません。  という時に使います。

Excuse には ~を容赦する とか ~を許す という意味です。

大事なポイントとしては、このExcuse me は あくまで ”軽い謝罪” に使われます。

謝罪に使われる英語には他にも幾つかあります。

I am sorry /  Please forgive me  / My apologies  / It’s my fault /  My bad 等々

ですが、Excuse me は その中でも 軽い謝罪だということをぜひ覚えておいてください。

こちらが自分以外の複数人いても、同じ Excuse “me”  なの?

Me って自分のことですよね。

2人以上いる時にも同じように言うか? という質問の答えは No!違うんです。

こんな場合は複数形を表す ”us” を使います。

例えば、学校に息子さんと一緒にママが先生に会いに来ており、少し先生とお話した後、息子さんを連れて一緒に帰宅する場合。

Excuse, us.  I think that it’s time to go.

意味は 「(私達)そろそろ失礼します。」

になるんです。

この Excuse me が Excuse us に変わるということを知らない人って、沢山います。私も昔は知りませんでした。

仲間と一緒に歩いて狭い道を通過する時に、すれ違う人を待たせてしまった場合などは「Excuse us」が正解。 その場を通過する為に相手に道を譲っていただくために足を止めさせたのは自分1人ではないですからね!

Excuse us  が使えるシチュエーションって結構いろいろあったりするものです。

Excuse us と言ってみたときの少し特別な感じ。気分が違いますよ! 「あ、言えた」って嬉しくなるんじゃないでしょうか。

ぜひ覚えて使ってみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

  • LINEで送る

コメントを残す

*