こんな時 こんな英語

私は大丈夫と言いたい時 – 大丈夫じゃなかったらどう言うの?

  • LINEで送る

こんにちは! クロッシングシーズのバアルです。

少し動画の制作をお休みしていました。

他にやることが満載で、夜中の3時半まで起きてやっていたり、休みらしい休みが無いまま、急いで取り組まないといけないプロジェクトがあって、「こんな時こんな英語」をサボってしまっていました。 ダメですね。。。

気持ちを入れ替えて取り組まないと!って思います。

夜中に主人がまだ仕事をしている私を心配して声をかけてくれることもありました。普段は主人の方が毎晩2時半位まで授業の準備や採点などに取り掛かって寝不足なのを知っている私としては、「それに比べたら・・・・」って感じですね。

私は大丈夫ですって言いたい時には何という?

心配してくれた自分に対して、みなさんは英語で何と答えますか?

私は大丈夫 ということを伝えたい。 へっちゃらだよ!と言いたい。

大丈夫ということを伝える言い方には幾つかあります。

1)I’m OK.

まず、多くの人が知っている言葉 OK  これに、私は~です という言葉の I’m ~を付けます。

はい。たったそれだけです! 簡単でしょう!

2)I’m all right.

all right   all = 全て right = 正しい つまり、全部問題ない=大丈夫だよ という意味になります。

ちなみに、車を運転している時、バック(後ろに下がる)を誘導してくれる人が言う

「Back all right」 これ、英語ではこんな言い方はしません! 聞いていてとても違和感があります。

正しくは 「back, back, back…」Back(下がる)という言葉を繰り返すだけです。 少し左右へ調整しなきゃいけない時には、little right (少し右へ)・little left(少し左へ)という言葉を加えます。

少し話がそれましたが、私は大丈夫という時には、1)と同様にI’m~をつけて、 I’m all right. になります。

3)It’s OK.

こちらもまた大丈夫という意味を表します。少し違うのは主語が自分ではないことにも使われるということです。

例えば、大きな雷が鳴り響いて子供が怯えているとしましょう。 ママはそっと優しく

「It’s OK」(大丈夫よ)と言います。

大丈夫?と人に聞きたい時はどうするの?

自分は大丈夫のときには I’m OK でしたね。 では、大丈夫かどうかを人に聞きたい時にはどういうのでしょうか?

Are you OK?  あなた、大丈夫ですか? となります。

流れで言うと、

A「Are you OK?」

B「I’m OK. 」

になります。 ここで、Aが「Are you OK?」と聞いてきてくれているのに、返すBが「I’m all right」だったらNGなのか?については、NGではありません。

こういった返しの仕方も普通に行われていますのでそこは心配いりませんよ!

大丈夫じゃない状況だったら、何と言ったらいいの?

人間みんな、必ずしも大丈夫でいられる状況ばかりではありませんよね。

体の不調で、まだ我慢できる。大事ではない状況には I’m OKを使えても、のっぴきならない状況も残念ながら起こるのが人生です。

そんな時には 私、大丈夫じゃないの! 

という意味の I’m not OK. = 大丈夫じゃない!を使いましょう。

I’m not OKを使うシチュエーションがあまり起きない人生を望む筆者です。

親指と人差し指をくっつけて、輪を作りながらOKというサインは歓迎されない

実はこれ、知らない方が多いと思うのですが、日本ではOKという時にするポーズは、タレントのローラさんがやっているような指で輪を作るものですが、国によっては大変な意味を表現していることがありますので、ご注意ください。

相手を侮辱している意味も、国によっては含まれています。

私も留学してすぐの際、OKのポーズを指で輪を作ってやっていたら、真っ先に注意されました。

ですので、OKを伝えたい時には必ず親指を立て、Goodのポーズをしてくださいね!

See you next time!

  • LINEで送る

コメントを残す

*