こんな時 こんな英語

髪を切った - I cut my hair はちょっと違う⁈ 

  • LINEで送る

こんにちは!

クロッシングシーズのバアルです。

うちの近くではもう2学期がスタートしており、また慌ただしい日々が戻ってきました!

私も気分転換に、久しぶりに美容院へ行きました。

髪を切っただけでなく、パーマもかけてきたのですが、英語で 髪を切る の言い方が間違えて覚えてしまっている人が多いので、今日はそこをテーマにしたもので撮影をしました。

髪を切った = I cut my hair だと思っていませんか?

文法上では、 I = 私(僕) cut = 切った  my = 私の(僕の) hair = 髪 で、(私は)髪を切った としたいのですが、

これは実際には別の意味になってしまうってご存じでしょうか?

この I cut my hair を使う時というのは、アナタがご自分で自分の髪を切った という場合に用いる言い方なんです。

大半の方は前髪みたいな簡単なものならまだいいとして、自分の髪の毛を切れる技術はそんなにありません。 だから、美容院や床屋へ出かけてサービスを受けて切ってますよね!

子供さんの髪を親が切ってあげることはよくあります。 そんな場合にはこの言い方は◎です。 

Aさん 「あれ、Oliver君、髪の毛切った?」

Oliverのママ「うん。切ったよ。」

Aさん 「かっこいいね。似合う。どこで切ってもらったの?」

Oliverのママ「あ、これ? 私が切ったんだよ。」

これを英語に直すと。。。。。。。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

Aさん 「Hey, did Oliver get his haircut recently?」

Oliverのママ「 Yeah, he did.」

Aさん 「He  looks cool!  Where did he get his haircut? 」(Where did you take him to have his haircutでも可ですが)

Oliverのママ「This?  I did. I cut his hair.

こうなります。

I cut 〇〇(髪を切られた人)’s hair.    例:息子さんの髪を切った I cut my son’s hair.

美容院や床屋へ行って切ってもらった場合にはこの言い方!

では、専門の職業の方のサービスを受けて切ってもらった場合には、どんな言い方をしたらいいでしょうか?

正解は・・・・・

1)I got a haircut.

2)I had a haircut.

3)I got my hair cut.

4) I had my hair cut.

このどれでも可です!

パーマをかけたって言いたいんだけど・・・・

パーマは英語で書くとperm ですが、パーマはかけられるもの ですよね。 だから 受動態にする必要があります。

I got my hair permed が正しい言い方です。 got を had にしても〇。

大事なポイントとしては、perm ではなく、permed にしないといけない というところです。

 

髪を染める - hair dyed

私は髪を染めないので、(今のところですが)動画で髪を染める言い方については触れませんでしたが、

英語で髪を染めるというのは  hair dyed と言います。

Aさん「久しぶりね。Bさん! あれ、髪染めたの?」

Bさん「うん。思い切って染めてみたの。」

Aさん「明るくて凄くいい色だと思うよ!」

これを英語に直すと。。。。。。。 ↓↓↓↓↓↓↓↓

Aさん「Hi B.  It’s been a while since we saw each other last time. How have you been?  Oh, did you get your hair dyed?」

Bさん「I’ve been all right.  Yeah, I just got my hair dyed last week. I don’t usually do it, but I just wanted to do something different, so….. 」

Aさん「You look wonderful with this color. I love it!」

言い方は様々なものがありますが、大事なポイントとしては、パーマと同様に髪を染めるのも 染められる ことなので、 hair dyed と受け身にしないといけませんのでご注意くださいね!

 

美容師・床屋さん - この職業を英語で何というの?

髪の毛は一生伸び続けます。速度の差はあれど、死ぬまでずっと伸びていきます。

美容師さん、床屋さんにはもう〇百回(もっとかな?)という回数、生涯でお世話になるわけですよね。

英語で何というかわかりますか?

美容師さんのことは hairdresser   床屋さんは barber   といいます。

髪を切る人 だからと言って、 hair cutter とだけは言わないで!!!

それは間違いです。

他にも、美容院は Hair salon / beauty salon  サロンって素敵な響きですねー。

床屋は Barber shop といいますよ。

次回髪を切る時、ぜひ思い出してみてくださいね!

See you next time!

Crossing Seas 視点を変える英会話

  • LINEで送る

コメントを残す

*